HONDA ”CB223S”をざっくり解説してみた ~Hex385の名車解説!~

HONDAの”CB”といえば、”CB400SuperFour”を真っ先に思い浮かべると思いますが、”223CC”のバイクでCBと冠するバイクも存在します。

HONDAのバイクの中では、そこそこマイナーなバイクかもしれませんが、ハマる人にはハマるバイクですよ。

 

というワケで、今回ご紹介するバイクは、HONDAの”CB223S”でございます!

  

例のごとく、全く知らない人にも"ある程度は"理解できるよう記事をまとめました。 

「CB223S、欲しいな」と思っている方に向けて書いておりますので、ご参考になれば幸いです。 

 

※なお、管理人はバイクのプロでは無いので、細かい所が間違ってたりする可能性がございます。

    

CB223Sってどんなバイク?

2010年 CB223S キャンディーグレイスフルレッド(ストライプタイプ)(カタログメイン)
出典:BikeBros CB223S カタログページ

このバイクを一言で言い表すなら、「超絶シンプルなバイク」です。

”見た目”も”中身も”シンプルを極めてます。

派手な外観だったり、速さを求める人には全くオススメできませんが、バイク本来の楽しさなんかを味わう分には非常に最適な一台と思いますよ。

非常にマイルドなバイクなので、無茶な運転をし辛いという面では初心者にもオススメできる一台です。 

 

   

CB223Sの魅力について

人によって感じ方はそれぞれですが、とりあえず管理人が考える魅力なんかをまとめてみました。

 

超王道なルックス

人によっては”平凡すぎる見た目”と感じることもあるかもしれませんが、私はこのルックスこそ最大の魅力だと感じています。

ゴテゴテとした装備も一切付いていませんし、飽きが来るような尖った見た目でもありません。

本当に優れたデザインというのはこういうシンプルなデザインにこそあるのかもしれませんね。

長く乗り続けられる、非常にグッドなデザインだと思いますよ。

 

タンク容量が多く、燃費がいい

このバイク、”燃費”も”タンク容量”もかなり優れています。

まず”燃費”ですが、おおよそリッター30km/Lを超えます。(カタログ上では60km/h走行時、41km/L)

そして”タンク容量”は、11Lと大容量。

合計すると、満タン給油で330km以上航続可能という良スペック。

このバイクのカテゴリとして、”ストリート系”に分類されることもありますが、”ストリート系”のバイクの中ではかなり優れたスペックです。

※このバイクとよく比較される、FTR223のタンク容量は7.2L

※ストリート系バイクの詳細についてはコチラの記事で解説しています。

 

カスタム映えがしやすい

ノーマル状態のルックスがシンプルであればある程、カスタマイズした際に映えやすくなります。(SR400などがその代表例) 

いわば、”純白のキャンバス”みたいなモノで、カスタマイズによって変化した部分が非常に映えやすい。

人気車種というワケでは無いので、カスタムパーツは少なめですが、自分の好きな方向に好きなだけ寄せることが出来る、懐の深いバイクだったりします。

 

 

CB223Sのデメリットとは? 

マイナーバイク・不人気車種特有の悩みがメインになってくるのではないかと思います。

 

意外とマイナーバイク。

実はこのバイク、ド定番の見た目の割にそこまで人気じゃなかったみたいです。

その影響で、タマ数は少なめ・カスタムパーツもちょっと心許ない。

人と被り辛いというメリットはありますが、そこを重視するなら他にも選択肢が出てきます。

見た目・航続距離などの個性に惹かれないなら、CB223Sを選ぶメリットは少ないかもしれません。

 

中古相場はわりと普通。

当時このバイクは、新車価格39.9万円とかなり格安の価格設定が為されたバイク。

その為、コスト削減のために多少荒削りな部分が多い面もあります。

でもその割には、中古価格が下がっていないんですよね。(現在の相場は25万~)

販売台数が少ないバイクはプレミア価格化しやすい傾向にあるので、恐らくその煽りを受けているのでしょう。

もし”とにかく安いバイクが欲しい”という理由のみでCB223Sを探しているのであれば、別の選択肢を選ぶのもアリだと思います。  

 

 

ApeやFTRにそっくり!? 

個人的な意見ですが、CB223SってHONDAの大人気車種である”Ape”とか”FTR”に似てるんですよね。

もちろん排気量や価格などの根本的な部分が違うので、競合していない部分もありますが、見た目のみでいえばかなり似通っているなと。 

 

【参考画像】Ape100

2008年 Ape100 クラシカルホワイト(カタログメイン)
出典:BikeBros Ape100 カタログページ

  

【参考画像】FTR223

2003年 FTR モノトーンカラー ブーンシルバーメタリック(スタンダードカラー)(カタログメイン)
出典:BikeBros FTR223 カタログページ

そして、CB223Sがコレ。

2010年 CB223S グラファイトブラック(ソリッドタイプ)(カタログメイン)
出典:BikeBros CB223S カタログページ

見た目だけの話をすれば、正直イイ線いってると思うんですけどね。 

”CB223S”って、なんで不人気なんでしょうね・・・? 

 

 

CB223Sの年式・モデルについて解説

CB223Sは年式による仕様変更がほぼ無いバイクです。

あるのはカラーリングの違い程度。

普段この項目では、”年式による性能差””オススメの年式”なんかをかいつまんで解説していますが、”CB223S”の場合は、高年式な個体を探すこと、これに尽きます。 

 

 

あわせて読んで欲しい記事

その他の”名車解説”をご覧になりたい方は下記記事でまとめております。

興味がある方は是非ご覧頂ければ幸いです。

 

     

終わりに

今回は名車解説ということで、CB223Sを解説してみました。

 

やっぱりこういうシンプルなデザインのバイクはカッコいいですよね。

クラシック感もあるし、ストリートのような軽快さも兼ね備えている素晴らしいバイクだと思いますよ。

軽量・コンパクトですし、老若男女問わずオススメできます。

 

当ブログでは、初心者向けのバイク記事をメインに様々な記事を更新しております。 

もし名車解説にて書いて欲しいバイク等があれば、メニューの問い合わせフォーム&TwitterからDM等でご連絡ください。

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。