【初心者必見】バイクヘルメット解説 ~海外メーカー ~【どんなメーカーがあるの?】

 

どうも!hex385です。

前回は、国産メーカーに絞ってヘルメットを解説していきましたが、

 

ヘルメットを探すとき、国産のメーカーもいいけど、海外メーカーのヘルメットも気になったりしませんか?

 

そこで今回は、海外メーカーに絞って、有名ヘルメットメーカーをざっくりと解説していきます!

 

海外ヘルメットメーカー 5選!!

BELL(ベル)

出典:BELL 公式ページ

~概要~

現在のヘルメットの形を作ったと言われている、アメリカの老舗メーカー。

1970年代~1980年代前半はレースヘルメットといえば「BELL」といわれるほどで、強化プラスチック+発泡スチロールという今では定番の構成を開発した偉大なメーカー。

全体的に丸めのフォルムのヘルメットが多く、特に「STAR Ⅱ」はクラシックな見た目で、「宇宙飛行士のヘルメット」や「LEGOのヘルメット」を彷彿させる独特なデザインです。

※管理人は褒めています。とてもカッコいいと思います。

 

SNELL規格に初めて対応したメーカーで、勿論現在でもSNELL規格対応ヘルメットがありますので、安全性も◎ですね。

(規格についての詳細は以前の記事で解説しております。)

 

~特徴~ 

  • 丸顔でクラシックなスタイルがカッコいい!
  • 安全性についての意識が高く、丈夫なヘルメットが多い!

 

 

SIMPSON(シンプソン)

出典:Traderhouse 公式ページ

~概要~

こちらもアメリカのレーシングサポートメーカー。

バイクヘルメットだけではなく、様々なレーシングアイテムを生産しております。

画像にもある通り、映画「MADMAX」に出てくるような、独特なスタイルで、SIMPSONファンからは「ダースベイダー風」といわれるようなイカツい見た目が特徴的なヘルメットです。

唯一無二な見た目から、TVドラマなどでもよく見かけるヘルメットで人気が窺えますね。

 

~特徴~ 

  • 魅力的なイカツい、独特なフォルム!
  • バイクを引き立たせる、スタイリッシュなヘルメットデザイン!

 

 

AGV(エージーブイ)

出典:AGV UK 公式ページ

~概要~

イタリアの有名ヘルメットメーカー。

もともとはレザーシートを作っていた会社で、1948年からヘルメットの製造をスタートとかなりの老舗。

様々なライダーに愛されてきたヘルメットですが、MotoGP界の史上最強ライダーと名高い「バレンティーノ・ロッシ」が使用していることで有名です。

様々なヘルメットを生産していますが、シャープでエッジが効いたスタイルのヘルメットを多数生産しており、街中で見かけた方も多いかも。

価格帯は比較的高めですが、motoGPレーサーに愛用されていることもあり、安全性は高い印象。

イタリアのメーカーだけあって、非常にオシャレなデザインでいいですよね。

 

~特徴~

  • イタリア発のシャープでオシャレなデザイン!
  • 優れた安全性と多数の便利機能がついており、実用性も十分。

 

 

NOLAN (ノーラン)

出典:NOLAN 公式ページ

~概要~

AGVと同じく、イタリアの有名ヘルメットメーカー。

日本での知名度は、AGV > NOLAN ですが、本国イタリアでのシェア率トップの大手メーカーです。

NOLANブランド と X-Liteブランド を展開しており、バイク用品店ではX-Liteのほうがよく見られるイメージですね。

NOLANブランドで3万円~ X-Liteブランドで6万円~ ぐらいとブランドによって値段が異なり、幅広いヘルメットを揃えています。

 

~特徴~

  • 幅広い品揃えで、色々なヘルメットが選べる!
  • イタリア最大手メーカーのため、信頼感十分。

 

 

HJC(エイチジェイシー)

出典:HJC 公式ページ

~概要~

創業1974年の韓国のヘルメットメーカー。

国産ヘルメットなどと比較すると、比較的安価な製品が多く、様々な企業とコラボレーションしたヘルメットも有名。(MAVELやDCなどとコラボしたヘルメットとか)

motoGPでも使用されており、世界各地でシェアを伸ばし続けている企業です。

ジェットタイプ~システム~オフロードヘルメットと、豊富なラインナップがある。

 

~特徴~

  • 様々な種類のヘルメットを取り揃えており、選択肢が豊富。
  • 国産に比べ、リーズナブルな商品が多い。
  •  

  

 

まとめ

今回は、海外のヘルメットのメーカーをざっくりと解説いたしました。

国産メーカーには無いデザイン性や、特色があって面白いですよね。

 

・国産メーカーが安心だけど、右にならえじゃ面白くない!
・皆が使っているヘルメットは被りたくない!

といった個性派な人にもオススメします! 

 

この記事が、少しでも初心者ライダーさんのヘルメット選びのお役に立てれば幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!