【初心者向け】125CCクラス 中古市場で購入するなら、このバイクがオススメ!【原付2種】

今回は、中古市場で購入しやすい125CCクラスのバイクを紹介致します。

 

125CCクラスって、維持費が安くて最高に便利ですよね!

ファーストバイクに選んで、練習を積んだり、セカンドバイクで普段の下駄にしてみたり。

色んな楽しみ方ができる素晴らしい排気量のバイクだと思います。 

 

個人的主観で、125ccのオススメバイクを紹介致しますので、宜しければ最後までご覧ください!

 

 

 

 

HONDA】Ape100

フォトライブラリー2
出典:HONDA Ape50/100 公式ページ
POINT

軽量、コンパクト、豊富なカスタムパーツ と 3拍子揃った優等生。

大体の中古相場 14万~

HONDAで125CCクラスのバイクといったら、個人的に真っ先に思い浮かべるのは、このApe100です。

2002年にデビューして以来、幅広い層に支持され、長い間生産されていましたが、2018年に排ガス規制により生産終了しました。

残念ながら新車で購入はできなくなりましたが、中古市場では未だに人気が衰えないレジェンド的なバイクです。

友人がApe100に乗っており、管理人も一時期Ape50を所有しておりましたが、とってもいいバイクですよ。

  

  

【HONDA】スーパーカブシリーズ(70・90・110・125)

出典:HONDA Super Cub 公式サイト
POINT

・高燃費、耐久性抜群、優れた積載性 レジェンド的バイクで、カスタムベースにも最適。

大体の中古相場 15万~

スーパーカブ”シリーズ”と銘打たせていただきました。

過去シリーズを遡れば、70CC~125CCまで多種多様なバリエーションがございます。

値段もシリーズによってピンキリで、旧型式のものは意外と手軽な値段で購入できたりします。

カスタムベース車両として、ピックアップされやすい車種ですので、自分の好きなようにイジれるのがいいですよね。

高燃費だし、積載性に優れているし、クラッチの操作もいらないので、長距離を旅しても面白いです。

総じて 懐が深い、名車中の名車です。

 

 

【KAWASAKI】D-TRACKER125 & KLX250

出典:KAWASAKI KLX125 公式ページ
POINT

・軽量コンパクトよく回るエンジン、高燃費で、趣味~普段の下駄までなんでもこなせる!

大体の中古相場 20万~

こちらは2車種をまとめて紹介いたします。

D-TRACKER125 舗装路を走ることを目的としたモタードバイクで、KLX125林道などのオフロードも走ることが出来るバイクです。

エンジンなどの基本設計は全く同じものを使用しているので、お好みのモデルを選んでいただければと思います。

KLX125に乗ったことがあるのですが、セカンドバイク的な楽しみ方ができる、乗っていて楽しいバイクでした。

2016年に生産終了いたしましたが、中々値段が下がらない人気車種です。

このままいけば、どんどん高騰していく可能性もあるので、買うなら早めの方がいいかもですね。

 

 

【KAWASAKI】KSR110

2013年 KSR110 ライムグリーン(カタログメイン)
出典:Bikebros KSR110 カタログページ
POINT

・KAWASAKIが生んだ、なんでもこなせるマルチパーパスモデル

大体の中古相場 10万~

KSR-1、KSR-2 と2ストエンジンを積んだミニサイズバイクを発売していたKAWASAKIが、2002年に発売したモデルです。

このバイクは初期装備だと、自動遠心クラッチを装備しており(カブのクラッチ機構)見た目に反して、手軽に乗ることも可能なモデルです。

ただし、カスタムで通常のクラッチを組み込んだものも多いため、買う前に確認することが大事!

カスタムパーツがかなり豊富で、発売から時間は立っておりますがまだまだ街中で見かける名車ですね。

KAWASAKIは大排気量もいいですが、こういう低排気量で面白いバイクを作ってくれるトコロが大好きです。

 

 

原付のボアアップ車アリ?

125CCクラスの中古バイクって、意外と選択肢が少なかったりします。

今は時代が追い風になっているので、新モデルなんかもそこそこ出てきたりしますが、昔は本当に選択肢が少なかったんです。

そこで、1つだけ知っておくといい知識をお伝えします。 

 

【50CCバイクのボアアップモデルを狙う】 or 【50CCのバイクを買ってボアアップを組む】 

ボアアップとは、排気量を上げるカスタムのことです。

ボアアップされたバイク(原付2種登録済み)ならば、原付2種と同じ条件で公道を走ることが可能なので、是非視野に入れてバイクを探してみてください!

探すのめんどくさいって方は、下記記事で紹介したマニュアルのバイクならば全てボアアップ可能です。

 

合わせて読みたい記事  

各排気量のメリット・デメリットが分からない方は以下の記事で解説してます。

 

 

終わりに

今回は、中古市場で購入できる125CCクラスのバイクを紹介いたしました。 

新車市場が最近盛り上がっている125CCクラスですが、中古市場はまだまだ流通が少ないですよねぇ。

バイク探しがしんどい排気量だと個人的に思っています。

 

維持費や便利さを鑑みると、国内では125CCクラスが最強なので、もしバイク何にしようか迷っていたら、選択肢に入れてみることをオススメします!

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!