サイバーパンク2077は果たしてクソゲーなのか?~問題点解説・レビューとか~

どうも、最近ブログネタが枯渇してきて困っているhex385です。

 

今回は、私の趣味であるゲームについてのレビュー記事とかを書いてみます。

サイバーパンク2077っていう、去年大注目されていたタイトルなんですけどね。

なんか発売当初から炎上しているソフトなんですが、発売日に購入してボチボチプレイしているので、そのレビュー+問題点の解説なんかをやっていきます。

 

クソゲーという評価が安定しつつあるタイトルですが、実際どうなの?っていう視点で書いていきますので興味のある方は是非ご覧ください。

前置きはこの程度にして、早速本題に入っていきますね。

 

   

”サイバーパンク2077”は本当にクソゲーなのか。

この記事の本題部分である、サイバーパンク2077がクソゲーなのか問題。

結論から述べると、発売前にワクワクしていたファン or 致命的バグの被害を受けた人なら、クソゲー認定してもおかしくは無いソフトってところです。

 

要はこのタイトルに過度な期待をしていた人や、致命的バグ(進行不可とかセーブデータ破損とか)の被害者以外はそれなりに楽しめる可能性があるって話です。

「サイバーパンク2077って何かクソゲーって言われてるけど、実際どうなの?」って人なら、もしかするとプレイする価値があるかもしれないタイトルなので、最後までご覧頂ければ幸いです。

 

 

サイバーパンク2077の問題点

このゲームがクソゲーと言われている主な要因を紹介していきます。

ネットのレビューを見ると、大きく分けて3パターンくらいに分かれているように感じますので、それぞれ解説してきます。

 

致命的バグの数々

修正されたものもあるようですが、代表例をいくつか紹介していきますと、

オプション画面、キャラクリエイト画面から戻れなくなる。

エラー落ちが多発する。(PS4版が特に多い?)

・特定の場面で必ず落ちる。(PC版で報告多数)

・特定の条件でセーブデータがクラッシュする。(おそらく修正済)

 

大体こんなところでしょうか。

現段階ではかなり減ってきた致命的バグですが、発売当時にコレを味わったのならば確かにクソゲー認定されてもおかしくは無いですね。。。

PS4版ではダウンロード販売が停止されるほどの騒動となってしまいましたので、購入者の怒りが大きいことが伺えますね。 

ちなみに管理人は、エラー落ちが多発するバグとカーソルが自動的に下にズレていくバグと付き合いながらプレイしています。

   

ストーリーがつまらない?

管理人はまだ全てクリアしたわけではない+ネタバレは見たくない派なので、耳にする情報のみで箇条書きにて書かせて頂きます。

会話から分岐していくシステムがたいして機能していない。

サブクエストの中身が無くてつまらない。

そもそもメインストーリーが薄っぺらい。

 

プレイ中の管理人の感想としては、まぁ納得できるかもしれないってぐらい。

ストーリーに関してはまだ最後までプレイしたわけでは無いので評価はできませんが、劇的な展開が続いたり、続きがとても気になるストーリーでは無いのは確かです。

まぁあくまでも個人の感想なので、ここは実際にプレイしてみないと何とも言い難いところですがね。

  

操作性の悪さ

これも個人差が伴うところではありますが、確かに初回プレイから2時間くらいは慣れなかったです。

FPS(一人称視点)のゲーム経験が浅い人なら、この感想は和らぐかもしれませんが、FPSゲームに慣れ親しんだプレイヤーはかなり調整に苦しむかもしれません。

有名どころでいくと、CODのシングルプレイヤーモードの操作性には勿論劣りますし、ファークライ4~ バイオショックシリーズ、メトロシリーズ、Fallout4~などの比較的新しめのシングルプレイ専門FPSゲームよりも操作性はかなり悪いです。

フレームレートが60FPSで安定していなかったり、エイムに若干の慣性が乗ったりと、FPS好きなプレイヤーはココで苦戦する人も多いような印象です。

それなりにコアなFPSゲーマーしか分からない例えですが、V.A.T.Sシステムの無いFallout3をさせられている感じですね。 

  

  

サイバーパンク2077に対する現状評価など

このゲームに対するhex385の評価ですが、実は普通に楽しめています。

発売日にフルプライスで購入したわけですが、周りがいうほどクソゲーとは思ってないです。

 

まぁ、PVのワクワク感とか、散々の延期とかもありましたので、ユーザーの怒りも十分に理解できます。

ただ、フリーズや進行不可バグがあるゲームと割り切ってプレイする分には普通に楽しめると思うんですよね。

 

なんか往年のオープンワールドゲーム感あるよね。

管理人が抱いた感想として一番近いゲームは、CS版”Fallout3”でしょうか。

いまや名作として名高いゲームである”Fallout3”ですが、CS版発売当初は非常にバグが多く、管理人も何度も地面に埋まったりフリーズの被害にあったりしてました。

あのゲームをやっていた頃は、ぶっ続けでプレイしたデータが頻繁に進行不可になったりしたので、

「オープンワールドゲーム=クイックセーブが大事」こんな方程式が成り立っていた不思議なゲームでした。

たまに笑えるバグなんかにも遭遇したりしたので、思い出補正も掛かって、いい思い出だったりするのですが、サイバーパンクはそんな気持ちを思い出させてくれたゲームですね。

まさか、2020年にもなってクイックセーブをコマメにとる必要があるゲームと出会えるとは思ってもみませんでしたし。

 

まぁ何が言いたいかというと、「メチャクチャ面白いわけではないけど、コアなオープンワールドファンであれば全然楽しめる内容のゲームだよ」って話です。

とくにSFが好きな人なんかは普通に楽しめる内容だと思います。

まぁ人に勧める分には、もうちょっとバグが減ってからの方がいいとは思うので、修正は順次やっていってほしいですね。

 

   

まとめ

バグがかなり多いゲームなので、胸を張ってオススメできるソフトでは無いですが、管理人はそれなりに楽しめていたりします。

今後バグが減ってくればそれなりに名作となり得るポテンシャルはあるってところですかね。

(無料のDLCも今後予定されているようですし。。。)

 

もし購入しようか悩んでいる方がいらっしゃるならば、中古やセール期間なんかに購入してみるといいですよ! 

 

というわけで、今回は普段のブログ内容とは違った題材ではありますが、たまにはゲーム関連の内容も書いていけたらなと思います。 

 

以上、最後までご覧頂きありがとうございました。